新規来店のきっかけ

0
    今年も3日からの営業で、今週からはランチも通常に再開してます

    えべっさんも終わり、すっかり正月気分も抜けての日常が戻って来ました

    新年の挨拶をするのは15日までが常識ですので、お世話になっているお店には顔を出したいのですが、なかなか早く終わらない毎日です

    来週からはかなり閑散とした営業になるでしょうから、何かお客様が来てみたくなる機会を作ってみないといけません


    新規のお客様が来店するきっかけは、些細なことでもありますが、これが一番難しい企画かもしれないですね


    週末にはかなりの大寒波がやってくるみたい

    のんびりとしている時に、ゆっくり考えてみます

    横道に見える道ですが

    0
      料理って難しいですね

      未だにわからない事が山積みです


      去年の後半頃から、料理が美味しいので来てくれるお客様が増えてきましたが、自分では戸惑いでしかありません

      素直に喜べない理由があるからです

      自分が完全に納得出来ていないのもあります
      私がサービスで運んでいた料理からすれば、まだまだ足元にも及びません

      でももっと大きな理由があります

      本当にアイローズを理解してくれているお客様ならすぐにわかる事ですが

      【 アイローズはワインバーです 】

      なのに堺ではお店を守る為にはワインだけでは続けていけません

      言い過ぎかもしれませんが、もし料理が完璧に美味しくなれば、アイローズはやり甲斐を失ったソムリエ二人が働く意味のない店になってしまうかもしれません

      3年前までと同じような状況にはしたくはありません

      【ワインは分からないからいらない】

      そんな言葉を使う方もアイローズに食事に来られていました

      でもこの三年間でスタッフも頑張って成長してくれたおかげで

      【ワインは分からないから少しアドバイスをもらおう】

      そんな風な姿勢のお客様が増えてきました

      この堺では、アイローズはワインバーでなければならない理由がある

      その意味を分かってくれるお客様がいる事が今の支えです

      今年一年で私の作る料理が
      それを左右します

      美味しい料理?

      極論を言えば
      そんなん必要?

      もちろん不味ければ意味がないですが、もっとわくわくするものが必要です

      最近は新メニューの案を長年コックをしてきた人にパクられたりもしますが、逆にその人を心配してしまいます


      実力が足りなくても
      料理を担当しているなら、料理でベクトルを発信しなければいけない


      私の料理のベクトルは
      ワインの為の料理


      ひつこいよね〜 笑

      でもワインの為の料理がブレなければ、ワインを飲むお客様が増えてくれるはず

      ワインに関係なくても、がむしゃらにいろんな料理を作ってみたこの三年間でしたが、少しずつ方向性を変えていかないといけません

      料理のボリュームもどんどん減らしていく予定です

      量を減らすとお客様も味わう感度を上げてきます
      量が多いのは、お客様の味わう感度を下げさせてしまいます

      ぐびぐびと流し飲むようなワインを提供しているなら、お客様の感度を上げる必要もないですが、安売りを売りにしている店ではないですから

      イタリアン、フレンチ、和食、中華

      ジャンルは何でも良い
      そんなもんどうでもいい

      ワインバーのアイローズにしかないオリジナリティを出していけるようにもがいていきます


      妄想癖


      今年はもっと磨きをかけていかなきゃ

      あんまり人のいない方向に向かって発信するベクトル

      ついてきてくれるお客様を大切にしなきゃいけないですね

      一年の計は

      0
        あけましておめでとうございます

        今年もアイローズをよろしくお願いします

        去年は新しいお客様たちのおかげで10周年という区切りを迎えさせていただき、本当に感謝しています



        私は年末年始の休みの期間に

        一年の目標
        今後三年間の目標

        その2つをしっかり立てて心に刻むのを毎年の自分の最低限の課題としています

        一年では叶わない目標であっても、三年間あれば近づける目標だってあります

        結構毎年課題の多い店と自分自身なので、目標はすんなり決まるのですが
        今年はなかなか決まりません


        三年前に立てた目標に、自分自身が到達するとは思っていなかったからかもしれません
        今年は自分自身を振り返ることからスタートしています

        サービスにこだわり続けた20年

        それを捨てて料理に挑戦した3年


        自分が向かう先は?

        自分が大切にしているポリシーは?

        改めて振り返ると、我の強いはずの自分のことさえ分からなくなっている部分があるのを感じます


        この3年間、店を守るために決断した行動の中には、自分で納得していない事も多々ありましたから、小さなブレがあるようです


        でも何となくヒントが見つかったような気もする正月です

        毎年正月は一日の昼に実家に帰って両親とおせちを食べるのが決まりです

        今年も帰って来ました


        弟の家族がいて、もちろん両親もいます
        弟はいつもおせちを食べてからは寝てしまいます
        その姿を見て思ったのはこんな事

        【普段は父親であり夫でもあり、職場ではそこそこ責任を持つ役柄を演じている弟も、正月のこの場では子供の役柄がメインになってるなぁ】

        そんな風に見てみると、両親の行動が変に気になり始めました

        自分が子供だった頃よりは、もちろん歳もとっていますし動きは機敏ではありません

        でもこんな風にも思いました

        【究極のサービスマンかも……笑】

        ちょこちょこと面倒臭さいいじりはしてきますが

        ビールが無くなれば一番に気づき
        ごはんが欲しくなったらそれを察する
        醤油やマヨネーズも欲しいタイミングで気づくし、子供達からも目を離さない
        私が眠たくなるタイミングで枕が出てきて、床暖房が付く

        誰かが席を立つとそのタイミングで周辺を片付ける

        子供達が退屈し始めると先読みして公園に連れて行き、帰って来たら私たちの仕事の近況の話を聞いたりもする


        【とにかく自分の望むもののほとんどを先読みしてやってしまう】


        親だから当たり前?

        本当にそれに疑問を感じませんか?

        私がサービスをしていて目指していたのは

        【とにかくお客様の望むもののほとんどを先読みしてやってしまう】でした

        その為にはお客様を常に観察して、考えている事や性格や癖や価値観までもを想像して接客しなければならない

        そして何より
        お客様を好きにならなければなりません
        さらには、見返りを求める心を持ってもいけません

        両親ですから、私の思考回路なんてわかって当たり前だし、出来ても不思議ないですね


        もしかすると…
        自分の価値観は自分で築いたものではなく、この人たちに植え付けられていたのかも

        サービスの仕事を始めてから、今まで多くの人々が私を指導してくれて、その方々の影響を受けてきました
        そのベースの上に自分のポリシーが成り立っています

        でももっと根底にある自分自身

        無意識の中にある自分自身

        サービスの仕事をしたいと思った自分

        それを作ったのは誰なのか

        あまりにも近い存在過ぎて、その当たり前に気付いてなかった
        というより、そこに目を向ける必要性が今までなかったような気もする


        オープンする時に思った
        『10周年を迎えれたら閉めてもいい』

        サービスを人に委ねて料理に専念する時に思った
        『お客様を待たせるのは3年まで』

        共に区切りを迎えた今年の正月

        今年の目標はある意味使命
        新たにヒシヒシと思わされた
        『お客様にもっと喜んでもらいたい』

        そんな当たり前の気持ちをお客様に改めて与えてもらえたような気もする



        変に期待しないでくださいね

        明日からの私に特に変わった態度はないはずです

        目標を決めたからって次の日から態度はいきなり変わりません

        ダイエットの目標でもあるまいし……

        自分の目標は自分自身の中に刻んでおくだけのもの



        今年の正月休みはもう少し長めに取れば良かったなあと思います

        いろいろ考えたい事があり過ぎます

        残り3日

        0
          アイローズの今年の営業も残すところ3日になりました

          今日まで仕事の方も多いと思います

          本当にお疲れ様です
          明日からはしばし羽を伸ばしてお休みください

          アイローズはこの三日間がある意味一番楽しい営業かもしれません

          常連さんや懐かしいお客様などが来てくれる可能性が高いからです

          アイローズのお客様たちはみんな仲良しなので、カウンターは1名様が6組なんてよくあることで、いつしか1組みたいになって楽しんでくれてます


          急に寒くなってますので、来店の際は電話してから来てくださいね

          今日は今年最後の入荷にななるだろうぷりぷりの牡蠣が入ってます





          今年の牡蠣は全体的に小さかったのですが、この長崎雲仙の牡蠣は小ぶりながら味が濃厚でよく肥えてます

          残りを食べてしまうのが楽しみだったりします 笑笑


          対馬産のイノシシも甘味が強くて美味しいですよ


          食事後での利用なら、ワインのお供に自家製のブリュレ風チーズはいかがですか?

          甘いブリュレと思いきや、パルメザンの塩気がしっかり効いたアテでしたー
          イチゴと一緒に食べると赤ワインが美味しいなります



          本日が仕事納めだと、終わる時間が読めないと思います
          でも23時までは玄関開いてますからご安心を!

          今年に悔いの残らないようにしっかり仕事してください!

          何事も終わり良ければ全て良しです

          忙しい時こそ!

          0
            クリスマスも終わり今年も残り一週間を切りましたね

            すでに今年の仕事を終えた方もいるとは思いますが、多くの人はラストスパートに入って精一杯頑張っている状態ではないでしょうか

            仕事を持たない奥様達も、一生懸命働く旦那さんの為に、掃除洗濯食事の準備などで追われているはずです

            アイローズも今年はおかげさまで忙しくしていただいてます

            年末の挨拶をしに来てくれる常連さん

            やはりそんな方々に囲まれて営業している時間が一番の幸せです

            あまりにも忙しく、顔を出せない常連さんも中にはいます
            正直言えば会いたいです

            でもそれぞれの役割の中で、自分の為に家族の為に、お客様の為に頑張っているんだろうと思うと、自分も励みになります


            だから来てくれたお客様には美味しいワインを提供して、つかの間のゆったりした時間を楽しんでもらいたいと、いつもより思います


            人は一人で生きてるわけでは無く、何らかの責任を持って生きています

            妻、夫、娘、父親、部長、社長、学生、バイトなどなど

            知らず知らずに人には役割があり、自分を取り囲む人たちがいます

            残り数日

            そんな自分を取り囲む人たちの、喜びの支えになるような気持ちで精一杯頑張ってみるのも良いですよ

            全力で頑張っても残り数日
            やれるはずです



            『お仕事お疲れ様!』

            『トイレを綺麗に掃除してくれてありがとう』
            『今日も美味しそうなごはんありがとう』

            そんな一言をかけるだけでも素晴らしいことです


            さて、もうひと頑張りします

            休んでないよ

            0
              今日の祝日や日曜のクリスマス

              ワインバーが休んでいるわけないやん

              この日の為に一年間頑張ってきたんだから

              ランチを早めに終了してまで
              この時期は本来のワインバーに集中してます

              営業してまっせー!


              アイローズはなかなか予約はいただけないですが、毎日必ず満席になってますので、来店の際は予約をおすすめしてます

              クリスマスらしい料理もワインも揃えてお待ちしております

              今日でランチは年内最後

              0
                寒いですねー
                今週の寒さは今日が底で、日曜はポカポカ陽気だそうです

                土、日と妻は旅行なので、今年最後の休日をのんびり過ごしたいと思います

                さて、今日は今年最後のランチ営業

                「 早くない? 」と思われますが、来週からはディナーに力を入れていきたいのでご理解ください

                どの人を見ても忙しそうです

                私の妻もほぼ毎日1時間弱のお昼休憩を挟んで12時間以上働いてるようです


                「 今年も残り半月だけやん 」

                数日前にお客様が言った言葉が変に印象に残っています

                「休みが欲しいより、今年もやりきったと思える方が良いやんかぁ」

                なるほどー

                ごもっともですね

                頑張って楽しもう!

                珍しく貸切でした

                0
                  先週末にアイローズでは珍しい貸切の予約が入ってました

                  昔からのお客様で、今年一年間いろんな意味でお世話になった方からの予約だったので、暇な平日にコツコツ仕込みしてみました

                  料理が無くなるというお知らせをしてから三年、大切なお客様に『美味しい!』と言ってもらえる料理とワインを提供出来るお店に戻りつつあるのを感じてもらえて私たちも嬉しいです

                  【 石の上にも三年 】
                  なんて言葉がありますが、ジッとしていても何も変わらない
                  正確には
                  【 石に噛り付いてでも三年 】
                  なんじゃあないかな?と思ったりします

                  堺でも私の周りには尊敬する料理人がたくさんいます

                  美しい料理を当たり前のように作ってしまう中百舌鳥のプルミエさん
                  ず〜〜と刺激を受けている有彩さん
                  さりげなく小技が効いているやまとさん

                  この人達は食材に頼るだけではなく、同じ食材を使えば段違いの料理を作ってしまう方々ばかり

                  料理のジャンルが違っていても、尊敬出来て目標に出来る方々がいるのは幸せな事です

                  アイローズはワインを楽しむお店です
                  料理だけを楽しんでもらうお店ではない
                  だからと言ってワインの足を引っ張ってしまう料理ではなく、ワインの後押しを出来る料理を作っていけるよう努力していこうと思います

                  予約を入れてくれて、私にチャレンジするチャンスをくれたお客様に感謝です




















                  最後はどうしてもイチビリな性格が出てしまい、豚玉と牡蠣玉を出しちゃった 笑


                  今年のワイン会も無事終了

                  0
                    今日は今年最後のランチワイン会でした

                    今年もたくさんの方が参加していただき、とても感謝しています

                    ランチワイン会
                    テイスティングワイン会
                    野外ワイン会

                    今年もいろんなスタイルでワインに関するイベントをさせていただきましたが、恐ろしいのはお客様の知識レベルが上がっていくスピードの早い事!

                    今年の初めに参加した頃はまだ

                    『 カベルネソーヴィニヨンブラン? 』

                    などと混乱していた方も、一年で品種や地域の特徴などを認識するまでになってます

                    私たちも勉強し続けなければヤバイ状況です

                    (料理担当で良かったぁぁ 笑)


                    ランチワイン会は
                    私も料理を絞り出す良い機会ですし、新たな料理のチャレンジの場でもあります

                    最近ではすっかりイタリアンの気配を感じない料理を出せるのも、ある意味ワイン会に参加してくれているお客様達の理解のおかげだとも思ってます

                    ワインの知識が無くてもアイローズで楽しめるのも、温かく優しいお客様達のおかげです

                    来年も続けてワイン会は開催していくつもりです

                    実は来年のワインエキスパートの試験にチャレンジしてみようと考えているお客様もいるので、勉強も出来るワイン会も並行してやっていこうとも思ってます

                    何回かのセットのランチワイン会のお勉強版

                    これに参加するだけで、堺東なら一部の人を除いて、飲食店のスタッフ以上にワインの知識は豊富になるはずです


                    【 自分でもワインを選べるようになる 】

                    その軽い目標を持って参加するだけで、意識は大きく変わります

                    どうぞ来年もよろしくお願いしますね!

                    改めて

                    今年もイベントを支えて応援してくださった方々

                    本当にありがとうございます

                    ランチワイン会予約受付終了

                    0
                      今月の23日に予定している今年最後のランチワイン会ですが、定員に達しましたので予定の受付を終了させていただきます

                      たくさんの方のご予約ありがとうございます

                      当日出すワインはほぼ決定しているので、今日からはそれに合わせて料理の試作です

                      当日はかなり冷え込むという予報なので、体も温まり、気持ちもホッコリするような料理を作りたいと思います


                      残念ながらワイン会が終了するまでは内容はアップ出来ませんがお楽しみに

                      | 1/187PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << January 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.